スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血迷うにもほどがあるだろうに。

「君がそう言うならそれでいいと思うよ」

僕は誰より何より無気力にそう呟いた後、だけど君はそれを信じられないくらいポジティブにしか受け止めず、自分の都合のいいように僕もろとも持っていくことに我に返った。
僕はどうも忘れっぽいからいけない。
こんな投げやりな言い方、嫌味とか拒絶とか、そういった方に君は絶対に受け止めてなんてくれないんだ。
まして、こんなやり方でしか甘えられない僕のことなんて、君からしたら本当にどうでもよく興味なんか湧きもしないことを、僕はいつだってうっかり忘れてしまう。
忘れるのはほんの一瞬のことなのに、その一瞬の後我に返るともう遅い。

他の人が相手だとこうはならない。
君以外の人間に、僕がこんな風な言い方をしたら、大体の相手は僕を根暗だとか陰湿だとかやる気がないだとか判断して捨て置いてくれたりする。
もしくは、まるで父親かとつっこみたくなるくらいの大きな心で受け止め、僕を諭したり導いたりしようとしたりする。…あの人のように。

僕はつい先刻の自分の過ちが成した結果(君がやはり自分の都合のいいように受け止めご機嫌になって僕の手を掴んでいる痛い現実)を尻目に、今ここにいないあの人の横顔を思い出した。

優しい優しい、馬鹿な人だった。
僕はもしかしたら、あの人が好きだったのかもしれない。
あの人を子供じみた感情で独り占めしたかったのかもしれない。
優しい優しい、馬鹿なあの人を。
僕だけが。

「いい、って言ったよね?」

耳元、思ったよりずっと至近距離で君が嬉しそうに、楽しそうに笑った。
僕はそのことに気付いた途端ものすごく驚いて、咄嗟に「うん?」とぼそぼそ問い返したけれど、君はその僕の返事の語尾にある疑問形を無視して許可を得たとますます喜んだ。
僕は内心舌打ちをする。
君に対しては、日本人らしくあってはならない。イエスか、ノーしか通用しないことをまた僕は一瞬忘れてしまったのだ。
君だって日本人なはずなのに、どうしてこう噛み合わないのだろう。どうしてこう僕ばかりが歯噛みすることになるのだろう。どうして僕はこんなところで君と対峙しているのだろう。どうして僕の腕は君に掴まれているのだろう。どうして掴まれた腕がこんなに痛いのだろう。
どうしてどうして。

どうして今ここに、あの人がいないのだろう。

「…あぁ、」

僕はまた大切なことを一瞬忘れてしまっていたようだ。
そのことに気付き嘆く僕の内心なんて全く気付かない君が、また。自分にとって都合のいい方に受け取って嬉しげに笑みを浮かべた。
掴まれた腕はいつの間にか投げ出され、僕はそのことに少しほっとしたと同時に、もうどうでもいいや。と目を閉じた。

だってここにあの人はいない。
それだけは確かなのだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。