スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚と思考の相違とその問題。

過保護なのは、多分、それを感じない君を守るふりをして自分を慰めるため。
嘘つきなのは、無駄を積み重ねて、無駄を掻き集めて、本当はもっとずっと必要不可欠なものから自分が目を逸らしたいから。

大事に大事にしたい。
それは、君であり自分だ。
君と言う名の鏡に映った自分だ。

だけどいつか。自分は君もろともと祈るから。
そういった方法しか、知らないから。
そういった方法でしか、君を愛せないから。

一息分、つかせておくれ。
君が感じない寒さや痛みを、それでも君から遠ざけることで。

君には暗い話も悲しい話も寂しい話も聞かせない。
頭の悪いばかりの明るく楽しくどうしようもない話をもっと、沢山話そう。
君が呆れ返って「馬鹿だなぁ」と言って笑うのを見たいんだ。

君より下に自ら下がる。
そういった方法しか、知らないから。
そういった方法でしか、君を笑わせられないから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。