FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を閉じておけば

先の先を見通せるような力は元々ない。
それでも経験だとか知識だとか、そういったものと、人並みな視力とが予想という形で擬似的な未来を見てしまうから。
だから竦むんだと君は目を閉じた。

見えなければいい。知らなければいい。分からないままならいいのに。
そうしたら、きっと俺はこんな風に竦みあがってしまったりしないのに。
お前を目の前にして、怖気づいたりしないのに。

俺の目には今、擬似的な未来が見える。
お前に向かって伸ばした両手はまるで縋るよう。
そんな俺の胸のど真ん中、お前の両手は俺を押し返すんだ。
俺の手は行き場なんてない。お前以外のどこにもない。だけど届かない。
決定的に届いていない。
…竦むだろう?

君は自嘲するようにして吐き捨てた。

どうしてそんなことを言うのだろう。
どうしてそんな風にしか思えないのだろう。
確かに僕だって、未来は光にのみ照らされ、薔薇色に輝いているなんてあまりに幸福すぎるほどの楽観主義ではいられない。
だけど何もそこまで。そんなに。

…そう。君はそうやって心情を吐露することで。
他の誰でもなく、僕にそうやって懺悔することで。
そうやってそうやって、僕を拒絶するんだ。

縋るように両手を伸ばすのは君じゃない。
胸の中心を押し返す手のひらは、僕のじゃない。
竦むのは君じゃない!

「アンタは馬鹿だ」

僕は恨むような気持ちで君を睨む。
だけど君は、お前にそれを言われたらおしまいだな。とまた自嘲するように呟いて、うっすら瞼を持ち上げた。
だけどすぐにまた目を閉じてしまう。
寸分の隙もなく、ぴったりと。

臆病者は夢を見ない。
目を開けて見る夢にも、目を閉じて見る夢にも見ない。
だとすれば、君は一体どうやって。僕は一体どうして生きていけばいいのさ。

目を閉じておけば。目を閉じてしまえば。
君はそう言うけれど、

「無駄だと思うよ」

僕はできるだけ君を真似るようにして冷たく吐き捨てた。
そうだな、と普段では考えられないくらい素直に君は、僕の意見を受け入れ笑った。
苦く苦く。ひたすら苦く。まるで泣いてるみたいに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。