スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジ・ペコー

沢山のものを守ろうと、正面からぶつかる風に抵抗もせずただただ切りつけられ傷つくことを繰り返す君は、誰より馬鹿で愚かで、愛しい。
そんな君の絆創膏だらけの指先が、あたたかなティーカップの淵をゆるゆるとなぞっていくのを、俺は君に興味なんてちっともないふりをして隣に座ったまま、横目にひっそり眺めた。
ゆるゆる、ゆるゆる、君の傷だらけの指が。お世辞にも奇麗とは言えない無様な指が、だけど何より誰より優しくそっと、華奢なティーカップの淵を辿っていく。
同じ辺りを何度か撫でて、くるりと一周したら、もう一回。
多分、君はまた考え事をしているのだろう。
また、君に不相応なほど答えのない迷路みたいな小難しいことを延々思い悩んでいるのだろう。
君のそういうところもまた、馬鹿で愚かで、愛しいと思う。
俺は、思う。

以前、お前の信じるものは何なんだ。と俺が問うた時、君は真っ直ぐ俺を見つめるだけで答えを口にしてくれなかったことがある。
負う必要のない傷まで負って、なんでそこまでできるのか、何のためにそこまでするのか、俺にはちっとも分からなかった。
人は何か最終目的があってこそ、頑張れるものだと思う。
それが例え独り善がりな欲望であれ理想論であれ、自分が信じて疑わない目標があり、それを叶えるためになら傷をもまた厭わないものだと。
俺には確固たる目標がある。だからそのためだけに生きることができる。走ることができる。夢中になれる。それ以外の全てを冷淡に投げ打つことができる。
だけど、どうしても君の目標が見えない。分からない。言ってることが全て真実だとも思えない。俺が知りたいのはそんな表向きなものではなく、君本人の剥き出しの真実だ。
だから聞いたのに、君は揺らぎもしない真っ直ぐな目で俺の両目を見詰めるだけで、うんともすんとも言わなかった。
いつまで待っても、何も言おうとしなかった。

君のささくれ立ち痛み切った無残な指が、少し有名な銘柄のティーカップの薄く美しい淵をなぞる。
優雅な柄が焼きこまれたティーカップに触れる指の歪さとか虚しさとか、そういったものとカップの存在のあまりのアンバランスさに、何故か俺の方がいたたまれなさを感じてしまった。
丁寧に淹れた紅茶から湯気は立ち上り続け、満たされたままのカップの中からあたたかみだとか、旨みだとか、香りだとか、そういった大切なものがどんどん抜けていくのが見ていて分かった。
それら紅茶の紅茶たる魅力を、今後君が自らの身体で知ることはない。
多分もうない。
そう思い知るだけ俺は何故かいてもたってもいられなくなる。

「…紅茶飲めよ。冷めたらまずい」

俺はできるだけ静かに、さりげなく、だけど急いでそう言った。
そこでようやく君はカップの中の液体の存在理由(紅茶は飲み物だ、という基本中の基本)に気づいたかのようにはっと顔を上げ、あぁ、と苦く笑ってティーカップの細っこい、優美な曲線を描くラインを指先で捕らえた。
持ち上がるカップ。その薄く開かれた唇に触れる、先刻まで痛々しい指先になぞられ続けるだけだった淵。
湯気の格段に減ってしまった透明度の高い鼈甲色の液体が、

…だけど君の唇に触れる頃にはもう。

「あぁもう冷えちゃってる。苦い」

君の苦笑を濃くするだけで、君の中に凝った冷たい何かをあたため解す作用なんてないんだ。

「…なぁ、もう一度聞くが」

俺が以前投げかけた問いをもう一度しようとした刹那、君は不意にぐぃっと苦いだけの冷えた液体を呷った。
ごくり、喉を鳴らすことで俺の言葉を遮った君は、やっぱり苦いと僅か疲れたように笑い、横目に。今日初めて俺を視界に見つけたみたいにそっと、どこか申し訳なさそうにぎこちなく、俺を見た。

「人ってね、何もなくても生きていけるんだって。独りでは生きていけないけど、意味とか意義とか目的とか、そういった頑なではっきりしたものがなくても、それなりに生きていけちゃうんだって。知ってた?」

いきなりそんなことを言い出す君に、俺は大いに戸惑った。
なんて返せばいいのか分からず黙っていると、君は小さく首を振り、僕にはそんなの信じられない。何もなくなってしまったら、どうしていいか分からなくなるじゃない。と悲しげに呟く。

「僕が特別弱いだけかもしれないけど、僕は何かのためとか、誰かのせいにしないと、一度座ってしまった椅子から立ち上がることもできない」

君は眉間に皺を寄せた切実そうな表情裏腹、淡々と独白した。
そう、独白なのだそれは。俺に向かって言葉を投げかけ、俺からの返事を待つ会話のキャッチボールなんかじゃない。単なる独り言。
俺はそれが分かってしまった以上(元々なんて返事を返せばいいのか分からなかったけど)、君に渡すべきものは何一つないと諦めるしかなかった。
君が何故いきなりそんなことを言い出したのか分からない。だけどそのことで、以前信じるものが何か一切口にしなかった君に、多分俺にだけ言わなかったのではなく単に誰にも言わないというだけで、確固たる何かがあることが分かった。
そしてそのことが、なんだか妙に俺を安心させた。
ふ、と溜め息が零れる。
そこでようやく、俺の前に置かれたままのティーカップに満たされたそれが、君の喉奥に消えたものよりもっとずっと冷え切って、紅茶の紅茶たる魅力の欠片もなくなっていることに気づいた。
俺もまた、君と同じなのだ。
全く違う身体と心を持った、だけど同じく馬鹿で愚かな人間なのだ。

「…俺も多分、どうしていいか分からない」

俺は胸の奥からぶわりと湧き上がった酷く寒々しい何かを必死で押さえ込んで小さく呟いた。
喉の奥がくっついていたみたいにうまく喋ることができなかったけれど、そうだと思ってた。と僅かに嬉しそうに微笑んでくれた君を見て、少しだけほっとした。

痛々しく傷ついた君の、ボロボロの指がこちらに伸ばされる。
俺は素直に届くまで待つこともできずに、いつの間にか君と全く同じようにズタボロの雑巾みたいになった汚い指でもって、そっとその傷口ごと迎えに行った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。