スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一体何者なんでしょうか

“幸福な時は吐息を零す刹那のように残酷なほど短くあっけなく過ぎ去り、それを待つ時間はいつ降るかも分からぬ暖冬の牡丹雪を待つのと同じくらい、震えるほど恋しく切なく、長く、ひたすら長く、…ひたすらに長いものだ”

僕は笑って言いました。
あなたもまた笑って言いました。

“幸福とはその時を待つ時間がひたすらに、ひたすらに長ければ長いほど、辛く苦しく震えれば震えるほど、訪れたそれは噛み締めきれぬほどの愛しさを伴って、輪をかけ募り重なり増すものだ”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。