スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噛み癖について

あんなにも欲しがった酸素を思いきり吸い込んで、吐き出す作業。
足元おざなりに投げ出したのは、一体どんな性格をしたものだっただろうか。

まだまだ僕らには重ねるべき時間が足りていない。
圧倒的に。

知らないふりをしてみたり、聞きたくても聞けなくて我慢したりを繰り返して。

ねぇ、毎日をこうして過ごせたら。
時々僕は、そんなことを思う。
君の指を、噛みながら。
誰より変化を求めて、誰より変化を嫌う日々を、それでもこうして。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。