スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深呼吸の合間に

関係ないよ、大丈夫。

僕が言ってあげられるのはこれだけです。

僕は本来それほど沢山のものは持ち合わせていないのです。
この貧弱な手のひらは、どこまでも狭く頼りなく、言葉のカケラすらそれほど多く持てませんでした。
アナタが僕に言ってほしかっただろう言葉のイメージは何となくわかるのだけれど、それを素直に差し出す素直さも持ち合わせていません。

僕にもまだ、譲れないものがあるのだとわかったのは。
それこそ、つい最近のことなのだから。

全て捨てて。
全部捨ててしまえばいいのに。
それすらできないのは。

多分、それでも何でも、アナタに対して拭えぬ愛情と憎しみが、未だに消えてくれないからだと思います。

今更、痛みなんて。

あの時の言霊はきっと、アナタに対する僕の強がりだったのだと。
決して、アナタに渡すわけにはいきませんが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。