スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい雨が雪に変わる頃

私のとってのこの5年間は、とても長く重たいものでした。
思い出さないように思い出さないように。
そうやって5年も経てば忘れられると信じて。
忘れることなどできないことを知りつつも。
そんなやり方でしか、守る術を知らなかったから。
大切に大切に抱きしめ守ってきた記憶は全て、抜け落ちることもなく今もここにあります。
あの頃にしか感じられなかったものもあるし、今でこそ理解できるものもあります。
だからきっと、この5年間は不必要なものではなかったのだろうと思います。
なくしてしまったものももちろんありますが。
手に入れたもの、手に入れなおしたものもあります。
それでもブラスマイナスゼロにはなってはくれませんが。
抜け落ちた全ては埋まらないけれど、それでも。
時間が経ったからこそ手に入れられるものもあった。
それでよかったのかもしれません。
笑うアナタを見て、やっとそう思えました。
ぽっかり空いたままの穴でも。

完全な空っぽにしてはくれませんでしたね。
結局。
僅か痛む隙間を埋めるようにして。
全て壊してはくれませんでした。
最後に全て奪い取って行ってくれませんでした。
糸が切れた操り人形のように、その場で動けなくなってしまえたら。と思った日もありましたが。
過去にだけ生き続けられたらと思った日もありましたが。
アナタが現在生きるのであれば。
私も現在に生きましょう。

アナタの手はそれでも何でも。
やっぱり、とっても優しいままなのですから。

アナタの言霊を抱いて、大切に大切に。
優しい手のひらを、想って。

ここに、アナタはいないけれど。

耳にするたび泣きそうになるのを必死に耐えたことも。
あの息苦しさも。
行き場のなさも。
ただ、心細さも。
愛しさも。

こうして残るならきっと。
あの時、アナタも私も、確かに生きていた証拠なのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。