スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水葬式

この手で良かったのでしょうか。
あなたは。
こんな、非力な手で。

窓から見えた景色は、随分昔の家の庭に似ていました。
地域に住まうごく僅かな人間しか利用しない狭い道路の向こう側。
ひょろりと伸びた一本の木に、繋がれた大きな犬がいました。
こげ茶色のミックスで、黒目がまん丸で。耳の先が少し、折れていました。
太くてふさふさとした尻尾は力なく垂れたまま。
ずっと誰かを待っているようでした。
私は窓からずっとその大きな犬を見ていました。
私もまた、ずっとここで誰かを待っていました。
元々曇りの薄暗かった空から、大粒の雨が降ってきました。
犬は雨宿りすることもできず、繋がれたままそこにいました。
私は窓辺から動けずに、ずぶ濡れになっていく大きな犬を見ていました。
気づけば、私は裸足のまま、外へ飛び出していました。
大きな犬は私を見ても動じず、ただ、そこにいました。
ひょろりと伸びた木は枝が少なく、犬も私もずぶ濡れです。
ぐるぐるに巻きつけられた鎖を解いて、犬を玄関まで連れて行きました。
犬はやはり動じず、されるがままについてきました。
タオルも何もなくて、私は犬の身体にびったりとしみこんだ水滴を手のひらで必死に払い落とします。
獣の匂いがぷんとしました。
私も犬も、へとへとでした。
犬はいつしか眠り、私は玄関でその犬の頭を膝に乗せたまま、座り込みました。
冷たく硬い玄関のたたき。
犬の頭だけは、大事に抱えて座りました。
しばらく眠った犬は、私を見上げます。
あぁ、きっとこの犬はかえりたいのだろう。と思いました。

「かえりたい」

そう呟いたのは、私だったのか犬だったのか。
私はその大きな犬を抱えあげました。
ずっしりと重く、今にも落としてしまいそうになりながら、私は玄関から外へ出ました。
雨は降り続いていましたが、気にもなりません。
元々私と犬は、ずぶ濡れなのですから。
ふらふらと犬を抱えて、森の中へ入って行きました。
しばらく奥まった獣道をかき分け歩くと、狭い洞窟がありました。
中に入り、少し地中に下ると、どこからか入り込む光に照らされた、薄暗くて小さな湖がありました。
恐ろしいほどの青を湛えたそこに、私は犬を抱えたまま入りました。
浮力が大きな犬を抱える私の腕を助けました。
私は胸まで水に浸かり、犬の顔以外の身体が完全に沈みます。
ふと、犬は私を見上げ、弛緩し、薄目になりました。
浮力だけではなく、犬の身体が軽くなりました。
魂が抜けた後、その身体はその魂分だけ、軽くなったようでした。
薄目を開けたままの犬を、そっと腕から離しました。
ゆらり、犬の身体は水中に揺れました。
そっと、手のひらを犬の両目にあて、その目を閉じてあげました。
犬の身体はゆらり、私から離れていきました。
沈むでもなく、浮かぶでもなく。
きっと、あの犬はこうして水に浸り、いつしか溶けて海へかえるのだろうと思います。
海へ。

「かえりたい」

この手で良かったのでしょうか。
あなたは。
あなたを見送る者が、私で良かったのでしょうか。
あなたが待っていた誰か。
私ではない誰か。
私が待っていた誰か。
あなたではない誰か。
それはきっと、もう、かえってはこないのでしょう。
待ち続けてへとへとになった私とあなたは、ずぶ濡れです。
だけど玄関のたたきの上、抱き締めたあなたはとても、あたたかかったよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。