スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿で成り立つ世界の最中。消えないのは罪だけじゃない。

違う、そうじゃない。
俺たちは君にそんな風に苦しんだり悲しんだりしてほしいわけじゃないんだ。
確かに罪は消えないけれど、だからってそんな、そこまで完璧にあろうとし続けなくたっていいじゃないか。
もういいじゃないか。十分じゃないのか。
まだ足りないとでも言うのか。どれほど君は貪欲なんだ。笑ってしまう。

皆馬鹿ばっかりなんだ。
この世界は馬鹿ばかりで成り立っているだけだ。
君だけが馬鹿なんじゃない。
罪を独り占めしないでくれよ。それは君だけのものじゃない。

また会えたね、と笑いあいたいだけなんだ。
今すぐなんて多分俺もあの子も君も無理だろうけれど、それでも。
いつか、また会えた時、それをただ単純に喜びあいたいだけなんだ。
それの何が悪い?何が可笑しい?どうせ笑うなら楽しく笑いたい。
だってそうだろう?俺の性格知ってるじゃないか。
君のことだ。俺が何を考え、何を言い、どうするかなんて全部お見通しなんじゃないのか。
だから驚かなかったんじゃないのか。
本当は分かっているんだろう?

君は俺たちの目にいつだって完璧に見えた。
だけど君だって人間だっただけだ。完璧じゃないのが人間の証明のようなもの。それなら君は、誰より人間だった。ヒトだったというだけじゃないか。
同じだよ。俺たちと同じ、不完全な人間だった。
なら、並べるよ。同じ場所に立てる。立っていいんだ、俺も、あの子も、君も。
もう遅いなんて言うなよ。これからがあるじゃないか。
何度だってかまいやしないさ。平気だよ。全然問題ない。

君はいつだって孤独だった。
完璧を求め完璧に生きようとして、でも君の周囲は全く不完全な人間ばかりだったから、君はいつだって孤独だった。たったひとりだった。
だけど同じだったじゃないか。孤独なんかじゃなかったじゃないか。
そんなに悔いるなよ。完璧に見えた君はそれはそれで凄く格好良かったし、だからこそ俺もあの子も君が好きで、君に憧れ君に少しでも近づこうと頑張れたのだから。
だからこそ今の俺たちがここにいる。ここにある。
感謝すれこそ、君を恨む気持ちなんて欠片もない。
本当だよ。

違う、そうじゃない。
俺たちはただ、ただ、ひたすらに馬鹿だっただけだ。
そしてその馬鹿がこの世を回す。この世を作り上げる。この世には馬鹿しかいない。
馬鹿で成り立つ世界の最中。消えないのは罪だけじゃない。

俺たちに、いつか。おかえりなさいを言わせておくれよ。
スポンサーサイト

呪文に効力なんてないんだ。

喉の奥に引っかかって困っているんだ。
米粒よりも小さな、ゴマ粒みたいな小さな何か。
飲み下すこともできず、かと言って吐き出すこともできない微妙な場所にそれはある。
いつだってある。
もしかしたら自覚するよりもっとずっと前からあるのかもしれない。
もしかしたら自覚したことを忘れてもずっとずーっとあるものなのかもしれない。

パチリ、何かが爆ぜる音がした。

僕は体内に膨れ上がる何かを言葉にしようと足掻いて足掻いて、結局「嗚呼」と声を漏らすことしかできなかった。
喉の奥に引っかかった何かが邪魔をする。
いつだってそう。
いつだってそうなんだ。

この身は、そのためだけにある

何度も何度も声に出す。
何度も何度も君の名ばかり。
僕の声は、僕の唇は、僕の喉は、僕の肺は、僕の腹筋は、…僕の全ては、君の名を紡ぐためだけにあるのだと言わんばかりに何度も何度も。

そうして飽きることなく、もう数え切れないほどに君の名を口にして、だけど君を呼ぶことなんてできなかった。

何度も何度も君の名をかたどり。
何度も何度も君の名を言霊にする。
髪の先から爪の先に至るまで全て。全身全霊でもって君の名ばかりを口にする。何度も何度も何度も何度も。
何度でも。

ただ、そのままそうしていたかったんだ。


「駄目だ、待て!」

君の焦った声が僕を引きとめようとしたから、僕はどのくらいぶりかも分からないほど久しく、君の名以外の言葉を口にしたけれど。
それすら君を呼ぶものとなってくれたかどうかは分からないままだった。


生々しく生きてくれ。
剥き出しの様々なものを抱いて。
例えそれが鋭利な刃物だったとしても、そうすることでどれほど傷つき血を流したとしても。
それでも生々しく。生きてくれと願っている。今も。


何度も何度も声に出すは、やはり君の名だけ。
僕はいつか君の名以外の言葉全てを忘れてしまいそうだとふと思い、もしそうなったらどれほどしあわせなのだろうと浅はかにも想像して小さく笑った。

君に全部あげるよ。
とっくの昔に、僕の全ては君のものだけれど、改めて。
君がそれをどんなに嫌がったとしても、僕の全部を君にあげよう。
だから、どうか。生々しく、生きてくれ。

進むことと、待つこと

いつだっていいと思う。
そのくらいは、待つことに慣れた。
いつだっていけると思う。
もしも待つだけでは駄目だと言うのなら、今すぐにでも迎えに行く準備もできてる。

待っててとも、迎えに来てとも言わなかった君が、
本当に。本当に望んでいたのは何だったのだろう。

いつだって大丈夫だと。
いつだって平気だと。
繰り返し繰り返し口にすれども。
僕の唇の先から零れるそれが、君の耳にちゃんと届いているかどうかなんて、分からない。

待っててとも、迎えに来てとも言わない君が、
今どこで何をしているのかも知らないけれど。

それでも待てる。
それでも行ける。
どっちがいいか、君次第。

正直、自分で選べと命令されるとちょっと困るけれど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。