スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋しい君のための鎮魂歌。

何から紡ごう。
何から手繰ろう。
何から編もう。
何から重ねよう。

順番こ。
半分こ。

僕は上手にできるかな?
今からでもまだ間に合うかな?

ちゃんと君に間違えず正しく届いてくれるだろうか。

もし今の僕があの時の君の目の前に戻れるとしても、僕には君に言える言葉はやっぱりない。
スポンサーサイト

この夏は終わってくれるのでしょうか。

君は君の存在そのものが夢みたいだと思う。
僕を見つめる瞳すら意思もない空っぽなビー球みたいだし、不機嫌そうなその声も録音してあるのをタイミングを見計らって流してるだけみたいに聞こえる。

うだる暑さで僕らの脳みそをドロドロに溶かしてしまう夏はもう終わってくれるのでしょうか。
耳の穴から流れ出した脳みそだったものは、もうとっくに排水溝から下水に流れ込んでしまったのでしょうか。
僕が今こうしてここにいることも、君が今こうして僕の目の前で夢みたいに揺らいでいることも、全部夏の暑さのせいにしてしまっていいのでしょうか。
全部ただの陽炎だと思っていいのでしょうか。

僕は何なら諦めていいのか、何に固執しなければならないのか、何なら捨てていいのか、何を大事にすればいいのか分からないまま、今にも脆く崩れ落ちてしまいそうな儚い君をぼんやり眺めた。

「どうしてあんなこと言ったの。あれは僕の台詞だったのに」

君はわざとらしく怒ったような声で僕に問い詰めた。
だけど僕は、その台詞数日前の君にそっくりそのまま返すよ、と声に出さずに思っただけで、力ごと溶け出した脳みそフル回転で別の答えを探す。

「だって本当のことだもの。僕が逃げたんだ」

「嘘だね」

君は僕がようやく考え付いた適当な言葉を即座に否定して鼻で笑った。
嘘の何が悪いんだろう。
僕は可笑しくて笑ってしまう。

「何が可笑しいの」

君はやっぱりあらかじめ録音しておいたやつを再生するような声色で不機嫌を表現しようとした。

真実味が足りないのは僕らの間で投げ合う「嘘」の方じゃない、君の存在そのものにそもそも真実味が足りないのだ。
ならばそんな君と対等にこうして話をしている僕だってきっと、君からすれば真実味の足りない不可思議な存在なのだろうと思う。
それならそれでいいじゃない、と投げ出すことを君は許してくれないけれど。

実は僕より君の方が嘘に厳しい。
嘘に厳しいということは、イコール、真実に縋り切望しているということなんじゃないだろうか。
僕は思ってまた笑う。

「…早く夏が終わってくれないかな。別に夏も嫌いじゃないけど、こうも暑いと駄目になっちゃう」

食べ物も、空気も、人も、僕らも。

どこまで行けば満たされるだろう

もう君をひとりになんてしないと。決してひとりになんてしないと。
何度心に固く誓えば、君は安心して眠ってくれるんだろう。

君が生きるために纏うた孤独から君を奪って逃げたいと。攫ってしまいたいと。
何度心に強く願えば、君は僕の無謀な手を笑ってくれるんだろう。

ねぇ泣かないで。鳴かないで。
僕がいるよ。

僕らは何のために生きてるんだろう。
そんな途方もない疑問を抱いてしまうのは、若さ故のことなのだろうか。
全く同じ構造をしたふたつの迷路にそれぞれひとりぼっちで途方に暮れて立ち尽くす僕らは、毎日見つかりもしないゴールと相手を探して呆然とする。
だけどだからこそ、一緒に生きられると思ってたんだ。
思ってるんだ。

もう大丈夫だよ。君はひとりなんかじゃない。
僕がいる。
今、君の目の前にいるじゃないか。僕の姿が見えないの?
もっとそばにおいでよ。
もう寂しくなんかないよ。

それでもそこで君がひとり立ち尽くし寂しがるなら、僕が君のそばに行ってあげる。
力の加減もできない僕が、待ち侘びた分だけ一気に縮めようとする距離に君が怯えようとも、僕はもう君に遠慮なんてしないから。

待ってて。
あと少し。
もう少し。

…ホラ、追いついた。追い越した。

孤独から君を奪うことができないのなら、僕は君から孤独を奪って逃げる。
君の代わりに、その孤独を背負って走る。
今度は君が、僕を捕まえる番だよ。

だから君が纏って生きてきた孤独に僕が押し潰されてしまいそうになる前に、君は僕を捕まえてね。
つい先刻までの僕のように。
つい先刻までの君のように。

孤独なしに生きてなどいけない僕らは、孤独から互いを奪い攫うこともできない。
それならせめて、生きる糧である孤独でもって、命のバトンリレーでもしようじゃないか。

これからどこ行こう。
どのくらい走ったら僕らは満ち足りるんだろう。
ゴールは。孤独から完全に逃れた君と僕は、一体どこにいるんだろう。

ねぇ泣かないで。鳴かないで。
僕がいるから。
こんな僕でいいのなら、君に全部あげるから。

陳列された好意

眠れない眠れないと駄々をこねるにはまだ早い、午前1時13分。
何の脈絡もないその時間を睨みつけられるだけまだ大丈夫なのかもしれないけれど。

『良かったら』

そう何の悪気も邪気もなく差し出されたそれを手のひらに、途方に暮れたのはつい先日のこと。
明確な根拠が見透かせない好意ほどどうしていいか分からなくなるものだと思い知った。

『どうして?』

子供が不意に繰り返すその純粋な疑問を、疲弊が溜まった脳みそでは上手にかわすことも、上手に受け止め答えを注ぐこともできなかった。

とりかえしのつかない瞬間

その瞬間はいつも突然やってくる。

洗濯したてのシーツを広げたベッドに倒れ込みうとうとまどろみ始めた刹那だったり、手に馴染んだカメラのファインダー越しに真夏の空を見上げた刹那だったり、熱したフライパンの上に卵をひとつ割り落とした刹那だったり。

その瞬間はいつもその時僕が行動していたことと全く関係なく降ってくる。

カラカラに乾いたパイル地の心地よさも、生命力に満ち満ちた眩しさに眼球が痛むことも、ふるふると不安定な半透明が白く固まっていくことも、僕には少し遠い世界の出来事のよう。

『   』

初めて名前を呼び捨てられた瞬間は、今でもよく覚えている。
驚きと、戸惑いと、ほんの少しの照れくささ。
そしてあらゆるものを犠牲にしてまで頑丈に構築したはずの壁を意図も簡単に破壊されたことに対する、腹の奥底から湧き上がる激しい怒りと嫉妬心。
あの瞬間から僕は、それまで全く知らず、想像することすらなかった感情や、景色の色彩、風の気配、そして今思い浮かべて指折り数えることもできないくらいの沢山の見目珍しいキラキラしたものたちを知った。
それらは今まで僕の手のひらの上になかったものばかりだったのに、手に入れた次の瞬間から、まるで最初から僕の手の上にあったもののようにごく自然に僕に馴染んだ。
この指の隙間すり抜け、また僕から離れていくなんて思えないくらい、それは僕にすっかり馴染んでしまったのだ。

『   』

何度名前を呼び捨てられたかは、もう数え切れない。
そのたびいちいち初めて呼び捨てられた瞬間を思い出してしまっていたくせに、何度呼び捨てられたか。そしてその時折その僕を呼ぶ声に一体どんな感情が込められていたか思い出せない。

僕は手のひらの上に新たに手に入れたキラキラしたものたちを、ある日突然またなくして呆然とした。
僕は手のひらの上のキラキラしたものをなくす日がくるなんて夢にも思わず、脳裏反芻するでもなく、フィルムに焼き付けるでもなく、何かに記すでもなく、ただ凡庸とぬるま湯に浸かり日々を過ごした自分を少しだけ恨んだ。
いつかこうしてなくしてしまうことが最初から分かっていたら、僕はそれらキラキラしたものたちを手に入れないようにしていただろうか。
君が僕を呼び捨てる声すら、耳を塞いで拒否できていただろうか。
それとも、手に入れた瞬間からなくしてしまう瞬間までの間に、それ相当の覚悟くらいできていただろうか。
すっかりなくしてしまった今ではそんな「もしも」なんてどうでもいいことだけれど。

だけどその瞬間はいつも突然僕の元へとやってきた。
僕は何か取り返しのつかないことをしてしまったのではないのだろうか。と思って顔を上げるのだけれど、

『   』

初めて僕の名前を呼び捨てた時の君の声が脳裏過ぎるだけで、最後に僕の名前を呼び捨てた時の君の声や、それに含まれた感情の欠片すら、僕は思い出せなくてまた顔を伏せる。

風の切れ目

もし今、僕が。
明日が来るのが怖いと零したら、君は一体どういう言葉で笑い飛ばしてくれるだろうか。

明日が来るのが怖い。
この夜が明けるのが怖いんだ。

命ある限り必ず僕の元へと訪れる「明日」や「夜明け」は、本来希望の光を示す隠語だ。
だけど今の僕にとってそれらは、希望を抱くことで同時に約束される絶望と同等のもの。
寝ようが寝まいがしかるべき時が流れれば朝は訪れ、それを繰り返し繰り返すことで全てはどんどん背後へと流れて「過去」というひとくくりのカテゴリの中に埋もれていく。

新たな出会いは新たな別れを約束し、誕生は次の死を約束する。
形あるものはいつか壊れ、「今」は瞬きをした次の瞬間過去へと変化する。

それらは生きている以上、意識せずとも当然のこととして僕らは認識していて、抗いたいと願うことはあっても、実際に抗ってどうにかなるものでもない。

もし僕らに明日が。夜明けが来てしまったら。
そして少し前に僕が抱いた希望と同時に約束された絶望が僕の手元に届いたら。
元通り、ひとりきりに戻ったら。
僕はそれでもまた、君に会うため君を探そう。
途方もなくあてどなく続く灰色の世界を永遠に彷徨い歩きながらそれでもいつか、君にまた会えるようにと。
たったそれだけを希望の光として胸に抱き、そのことでまた次の絶望が約束されたとしても。
どれほどの時を越えてでも、君を探し出そう。
そしてまた君を見つけ出せたなら、やっと会えた。そう、心の奥底から呟いて。
もうめいっぱい。僕にできるめいっぱいの「優しい笑顔」を浮かべて。
それから。

『僕は本当はね、君のこと大嫌いだったんだ。それだけ言いに来たんだ』

今は言えないその偽りだらけの辛辣な嘘を、君に吐きつけまた君に背を向けひとりに戻る。
約束された絶望を、「今」の僕らの頬を撫でる柔らかな風の中、この手で確かに解き放つために。
ただ、それだけのために。

小さじ一杯分の真実

先の先を見通すこと全てがいいこととは限らない。
君がこれから僕に対して口走るだろう嘘を前もって見透かしてしまった僕は、もう君に完全に騙されてあげることができないのだ。
騙されたふり、ならば幾らでもしてあげられるけれど、本当の意味で騙されてあげることができなくなってしまった。

言葉の足りない質問には言葉の足りない答えしか返ってこないことを知っている君は、真実味の足りない嘘に対して真実味のないリアクションしか返ってこないことも分かっているだろうけれど。

等価を気にする僕はただ、君が一生懸命紡ぎ上げた嘘に対して、一体どれほど一生懸命騙されたふりをすればいいのか、正しいモノサシも存在しない曖昧模糊な概念の中、必死でぐるぐる考えるばかりだ。

芽吹いた新芽を引き千切る

迷わないで
余所見しないで
強く僕を呼んで
願いはそれだけ

体内奥深くに、自分ではどうにもならずもてあましてしまう熱を抱えてそのまま。
そのまま走り続けることは別にそれほど辛いことじゃない。
ただ、君と同じペースを守りながら、君と共に最後まで走り続けられるかどうか、という不安がいつまで経っても拭い切れないだけだ。

時折、同じようにもてあますほどの熱を抱え走り続ける彼らとすれ違うたび、僕は熱ばかりでいっぱいに膨張した胸の中が、幻なんじゃないかと疑ってしまう。

嘘なんじゃないのか
夢なんじゃないのか

ある日突然、この身を内側から焦がし続ける高熱が、ふぅと吹き通る風のように目の前から消えてなくなってしまうのではないのかと。
僕は思うたびぞっとして、その場に立ち止まってしまいそうになる。
内部から僕を壊そうとするかのように圧迫感を増す熱を、僕はいつの間にか、僕そのものが生きる熱量にしていたのだ。

周囲に芽吹いた新芽を引き千切るような真似を繰り返す理由は、今僕たちの間に育ちつつある芽の邪魔を誰にもさせないためだ。

ホワイト・ピリオド

「君は誰より幸せにならなければならないよ」

あなたは僕にそう言って、僕の頭を優しく撫でた。
宥めるような労わるような指先は、確かに僕ごと慰めようとしてくれていることくらい、僕にだって分かるのだけれど。
だけど僕はそれと同時に、その優しさの中に、僕に反論の言葉を飲み込み黙ることしかさせてくれない無言の圧力を見つけてしまって悲しくなった。

「君は誰より幸せにならなければならないよ」

あなたは僕に繰り返しそう言い含め、僕に優しく微笑んだ。
その言葉の中に眠る感情に嘘や偽りの類は欠片も見えず、確かに心の奥底からそう願ってくれていることも、僕には分かったのだけれど。
だけど僕はそれと同時に、あなたがそう僕に言うことであなたの願いが今後もう叶わないことが決定付けられてしまったことを思って寂しくなった。

僕の幸せって何。
僕を誰より幸せにしてくれるのは、あなた以外いないのに。

僕が今、僕の幸せを願うことで僕を突き放したあなたに向けてそう本音を口走ったら、あなたは一体どんな顔をするだろう。

だけど、

だけど何があっても何を間違っても僕にごめんねなんて言わないでよ。
なんでも全部君のせいにして逃げてしまいそうになるじゃないか。
だから何を思っても何が起こっても僕にごめんねなんて謝らないでよ。
本当に悪いと思っているなら、もうやり直しのきかない悲しい過去を心の中でひっそり慰めて、適当に折り合いつけて生きてってよ。
できることなら僕より長く。
僕は何かあったら君を捨てるから。
それはもう、いとも簡単に。どこまでも身勝手に。非情なまでに。自己中心的に。
君を捨てて、逃げるから。
だからもう二度と、絶対に僕にごめんねなんて言わないでよ。
それは未来の僕の台詞なんだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。